2016年08月28日

介 どこまでやらかしてくれる?

7/2(土)サービス付き高齢者住宅に入居
そこでも義父はいろんなことをしでかしてくれた

@他人の(女性)部屋に入って行き、事務所に通報されて私にお呼びがかかり駆けつけた
駐在しているケアマネさん曰く・・・
「女性がびっくりして転倒してケガでもしたら大変なことになっていましたが、それが無くホッとしています」
「女性なので噂になって義父さまが住み辛くなるのではないかと心配しています」
私・・・「どうも申し訳ありません」
A自分の部屋が覚えられない
B洗濯、デイへの準備、着替え、今までできていたことが全てできなくなった
C朝5時に我が家のインターホンが鳴った
こんなに朝早くに一体だれなん??・・・と思ってパジャマ姿のまま恐る恐る玄関のドアを開けて見たら
警察官二人が立って、その間に義父がピンクの傘をさして立っている
大雨なのに何なん???
私はこの状況が理解できずにいた
警察官曰く・・・
「明け方、サ高住の近くをウロウロしていたところを近所の人が通報してくれ住民台帳を見て前に住んでいたマンションまで送ってきたが鍵がかかって入れなかったので(緊急連絡先である)ウチの家まで送ってきました」
私・・・「どうもすみません ありがとうございました」
徘徊、徘徊、徘徊

朝晩の食事の付き添い、デイへの送り出し、洗濯、薬を飲ませる事、距離も少し遠くなったので今まで以上に手がかかるようになり、朝晩おかまいなしに携帯に電話がかかってくる
私は夜も眠れず心療内科を受診し睡眠導入剤を処方して貰うが、精神的に限界になってきた

サ高住に住むことには限界があると判断し、数箇所の介護付き有料老人ホームの見学に行く

7/16(土)介護付き有料老人ホームに入所するという正にその日の朝、とんでもない事件が勃発
朝8時過ぎにサ高住のケアマネさんから携帯に電話があり
「○○さんの部屋から水が漏れて大変なことになっていますのですぐに来てください」
急いでHus.と駆けつけたら
3階の自室の洗面所の蛇口に整理ダンスの引き出しを引き抜いて洗面器の様にして水を出しっぱなしにした結果、階下の2階居室・1階事務所が水浸し
階下の住人に陳謝に行き、事務所からは高額な修繕費の請求をされ、あと味の悪い引っ越しをした

去り際、ケアマネさんから「自分一人で抱えてしんどかったですね、でもこれからは少しゆっくりしてくださいね」と優しい言葉をかけて戴き、その優しい言葉に私は声が出ず涙が止まらなくなってただただうなずくだけで去りました
何もかも察してくれていたケアマネさんからのありがたい言葉にどけだけ胸が軽くなったか

取りあえずは荷物を出し、終の棲家と思われた介護付き有料老人ホームに入所した
ここでやっと落ち着けると思ったのもつかの間
面会に行った時、施設長からの話
入所者の頭元でタオルを振り回す、椅子を振り回し入所の女性が怖がっている、廊下で排便・排尿、他人(女性)の部屋へ入って行き部屋で排尿する・・・等々、
先に入所している方々が怖がっている、薬の調整はここでは難しいので病院に入院して落ち着いてから戻って来て欲しいと言われ、ある病院を紹介された

紹介された病院へ行く話を進めていた矢先
7/28(木)夜8時過ぎ、施設から電話があり、
自室で転倒して頭を打ち吐血しているので救急車で病院に搬送しますから病院へ向かってくださいとのこと
急いで病院へ向かった
搬送された病院は脳外科がなく近くの病院へ救急車での転送となり入院した

入院している間に、今入所している介護付き有料老人ホームから話があるから来て欲しいと電話があった
出向くと施設長から、他の入所者が怖がっている、フロアーを変えることも考えたが云々・・・遠まわしに話をするが結局は出て行って欲しい旨のことを言われ愕然とする
ここを出たらもう戻る場所がない!!

入院先の病院から、外傷性くも膜下出血、頭蓋骨骨折、脳挫傷はあるものの手術には及ばず退院を促されたが、帰る場所がないことをソーシャルワーカーさんに相談し、介老ホームから紹介された病院へ転院する手はずを整えてくれ8/6(土)転院できた

入院した先は精神科病院
ここで薬の管理をしながら落ち着くまで療養することになるが、この先どうなるかは今の時点ではわからない
アルツハイマー型認知症と言われていたが、途中からレビー小体型認知症と言われ症状に変化が出てきた
認知機能の変動、レム睡眠障害、幻視、妄想、作業せん妄、パーキンソン症状、嚥下障害・・・数えきれないほどの症状がでている

毎週末Hus.と一緒に面会に行くが、鍵のかかった病棟入口、手や体の抑制、行く前と帰りには精神的にどっと疲れが残る

それでも義母を介護していた時との違いは、義父には元気になって欲しいと願う心からの気持ちが私の中にあるという事実
『自分がしてきた行いは必ず自分に返ってくる』このことを身をもって感じている今日この頃  因果応報
posted by ジャスミン at 17:52| Comment(14) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする